【裏話】この曲どうやって作った?vol.2【◯△□のうた】

ちびシュウ

しゅうさん!裏話シリーズ好評だね!鼻の下伸びてんちゃうん?

杉山修

ありがたいよ〜!このまま第二弾に突入するね!鼻の下は伸びてないから!(笑)

『◯△□のうた』を作ったキッカケ

この歌は、フルアルバム『いってきます。』の制作をするにあたって、新曲を4曲入れるプロジェクトのなかで作りました。

制作にあたり、クラウドファンディングを行い、応援してくださる方々のおかげで、制作費などの全資金を集めることができました。

このアルバムがなかったら、今の活動は無いと言えます。それくらい大きなプロジェクトでしたし、この資金集めの話だけで100記事書けるくらいドラマもありました。

それは今後まとめますね。

泣かされたこととか、締め出されたこととか…w

●作曲時間:15分
●アイデア:振り付け/斬新さ

作曲時間は15分になってますが、『◯△□』をコンセプトにしようと決めるまで時間がかかり….。決まってからはすぐに作れました♪

妥協せずに作ると、完成したときに愛おしいんです。セットリストにこの歌があるだけで落ち着く…w

歌の反応

保育園・幼稚園を回らせてもらうようになった時は、童謡と『花』しか持ってなくて、そこにようやく『◯△□のうた』が加わったことで、ステージも変わっていきました。

“反応”
❶ すぐ覚える
❷ 1回で振り付けできる
❸ 先生はもっと早く覚える
❹ お片付けソングで使われる
❺ 発表会で使われる

いい意味で、使い勝手がいい歌になりました。

先生たちが、発表会などで使う「新しいうた」を決めるときに、選ばれやすい歌のコツも少しわかりました。

・子供も先生も覚えやすい
・親さんもその場で一緒にできる
・振り付けは超簡単
*難しい歌+振り付けがない では使われない。

こんな感じで、1年で地元の高山市の園ではすぐに広まって行きました。今では『◯△□のお兄さんや!』の方が言われます。

裏の裏の裏話

実は最初、『◯△×のうた』だったんです。でも『食べ物残したらバツ♪』とか歌うくらいなら『□』でしょと。プロデューサーの一言。お弁当箱やおもちゃの入れ物って歌詞も、このやりとりから生まれました。

下呂市の保育園では、午前中の運動タイムはこの歌に合わせて、『◯!』『△!』と作りながら走ったり動いたりしてます。今はどうなんやろ。広まるにはちゃんと理由がありましたね。いい経験したな〜。

メロディ

メロディをよく聞いてみると…

2つのカラクリがあります。

“メロディ…”
★ Aメロ〜Bメロは、徐々に徐々に音が上がってる
★ サビでリセットして、また徐々に徐々に上がってる

理由は、「サビを2回」作るイメージ。

◯△□っていう世界一簡単な言葉に、複雑なメロディはまず合わないな~と。

その中で、途中でひと呼吸置いてサビに入ることで、簡単な言葉でも飽きないようにしようと。

「簡単な言葉+美味しいとこ2回盛り込んじゃう作戦」になってるんですね。

「□でみんなでピース」で音がスタートに戻って、「みんな仲良し〜」に向けてまた上がってく。

次回も歌シリーズ

次回も裏話シリーズ。

初めての方は記事内の動画も一緒にチェックしてくださいね♪

次はあの歌?お楽しみに~!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です