繊細な人、集まれ〜!第2話

今回は第2話

繊細な人や、人間関係への関心が高いので、僕自身、勉強したり、よく本を読んでいます。

第2話から参加の方もいると思うので、お時間あれば、「第1話」ものぞいてみてください!

参考 繊細な人、あつまれ〜!第1話shublog

では早速いきまっせ~い!

今回は、「繊細な人の良いところ・苦しいところ」それぞれの特徴を、ざっと掘り下げていきます!

今回の杉山修は、テンションが高いらしい(笑)

繊細な人の良いところ♪

繊細な人の良いところの特徴。

・優しい
・細かいことに気づく
・相手が喜びそうなことが分かる
・共感能力が高い
・気配り上手

それぞれさっと、具体的な特徴を見ていきましょう!

繊細じゃない人にももちろん当てはまりますが、「より」ってことですね。

優しい

「声をかけよう」「話を聞こう」という”優しさ・親切さ”が人並み以上♪

何歳になっても、優しい人は誰からも必要とされますよね。

そもそも優しさってどれだけあっても良いし。

でも優しすぎることで疲れやすいんです。この世は理不尽じゃ…

細かいことに気づく

「周りへの注意力」や「人・物の観察力」が半端ない…

気づき過ぎても疲れるんですけど、「繊細じゃない人」では到底気づかないことが見えてる感じ!(凄い…)

メモ
”ONE PIECE”でいう、「見聞色の覇気」というやつでしょうか(笑)知らな人は流してちょ〜♪

相手が喜びそうなことが分かる

表情や声のトーンに敏感で、「もしかしたらこうしたら喜ぶかも…」という気づきが得意♪

仕事でもかなり活きてきそうですよね!ちょっとしたプレゼント選びも、抜群のセンスを誇る!この能力欲しいぜ。。。。。。

共感力が高い

これはマジで大きな特徴♪

「良くも悪くも共感してしまう」という言い方が合ってる気がします。

人の感情に大きく共感するので、相手の喜びにも一緒に喜べる♪

ただ、「怒ってる人が近くにいる」と、自分が怒られてる気になる

そして、「自分のせいかも…」と思ってしまいがち。

そりゃ疲れる。学生時代の僕ですね。

ほかっときゃいいものが、めっちゃ気になってました…

繊細な人の苦しいところ!

繊細な人の苦しいところは…

・人混みが苦手
・騒音が苦手
・一人の時間が取れないと苦しい
・心が傷つきやすい
・痛みに敏感
・自己肯定感が低い
・些細なことで動揺する

それぞれを見ていくと。

人混みが苦手

人混みが苦手
・スーパー
・電車の中
・バスの中
・学校という環境 etc…

これよ~~く分かる。。。

「あんだけお客さんの前に立ってて?」いや、これとは全く別やねん。(笑)

人混みというのは、苦手な人は超苦手ですよね~。

メモ
東京に住んでた時、通勤電車の始発で派遣の仕事に行ってたんですけど、体が浮く満員のなか、腰を痛めて派遣をやめました。腰の痛みより、「地球じゃねぇ…酸素ね〜じゃん。」って本気で思ってたくらい嫌でしたね(笑)

騒音が苦手

これね~。どんな音かにもよりますよね。

隣の家から赤ちゃんの泣き声がよくするけど、そういうのは全然気にならない。

カフェの隣のテーブルの会話とか、一度気になり始めたらず~っと気になる「音」は騒音や…

シンプルに大きな音があか~んって人もいますね。

メモ
音楽の音は大丈夫(笑)一応言っておかねば…

一人の時間が取れないと苦しい

これは次回に掘り下げるんですけど、ポイントがあるんです。

僕は割と意識してます♪

(第3話をお楽しみに!)

自己肯定感が低い

シンプルに言うと、「自分なんか…」「自分はダメだ…」ってなりがちな人ですね。

理由「① 「繊細じゃない人」と比べてしまう
② 「細かいな〜」って人に言われやすい

いや「あなたじゃ気づかないことこっちは見えてますよ~」くらいで丁度いいっす♪(笑)

繊細じゃない人が開拓して、繊細な人が整えてる星ですから。それはそれは合わないのも納得!的な。

些細なことで動揺する

メモ
・仕事での小さなミス
・レジで後ろに並んでる
・ATMで後ろに並んでる
・子供が買い物で迷惑をかけないか
・数人の集まりでの言葉遣い etc…

数えたらきりないけど、「動揺」しやすいのも特徴。

メモ
誰だって動揺しやすいシーンだってあるしね。ATMのあのプレッシャーは、コンサートを超えてるのでご安心を!何が安心やねん(笑)

まとめ

「繊細」って言葉は、曖昧ですけど、生きてるだけで、「気が疲れる」って人は多いですよね。

気疲れする自分を責めるなんてとんでもない♪

上手に付き合うコツは次回「第3話」にて!

それでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です