【実践的】小学生の時どうやって勉強してた?【参考になるか不安…】

ちょっと前に、小学生時代の記事を書きましたが、今回は『宿題』をどうやってやってたか、の『習慣』を思い出したので書きます♪

杉山修

そうなんです!思い出さないと書けないんです♪ 忘れないうちに書き残していきます!レツゴー!!!

杉山修

どんな子だったのか

小学生の頃は、とにかく真面目でした。

『真面目+坊主+元気+体育好き』な典型的な男の子をイメージしてもらえたら、きっと僕になります!(笑)

成績は真ん中より上らへんでしたが、なんせ1クラス20人ほどの2クラス制だったので、陸上でいう参考記録です♪

ただ、宿題はちゃんとやってた記憶があって、マイルールもありました!(確か…)

マイルール
・図書館で宿題をして帰る(6時間授業じゃなければいく時間あり)
・家に帰ったら先に宿題を終わらせる
・野球の練習がある日はご飯の後すぐやる
・ケドからやる(そろばんを活かせたから♪)

こんなようなことを決めてました♪

守らないときも多々ありましたけど、『先にやっちゃう作戦』は常に意識してました。

それもそのはず… 後回しにすると、ギリギリまでやらない性格なので、先にやらないと親に怒られますから…ww

宿題に関してはそんな子でした♪

メモ
ポケモンの鉛筆とポケモンの鉛筆削り(いまも家にありますw)で、テンションが上がるほど、単純だったのは確か。

親のしつけのメリット・デメリット

親はブログを見ないので(間違いなくw)、少し正直に『子供目線』で書いてみます。

僕の親は、小学生の頃から、宿題やテスト、成績に関して厳しく、顔と雰囲気でフラストレーションを感じさせてくるハイブリット型(レベル高め)でした。(笑)

別にそれが嫌だったわけではなくて、シンプルに、『ちゃんとやんないと怖いな』って感じです。

その甲斐あって、勉強を『やる習慣』はついてましたし、夏休みの宿題もなんだかんだやりきってました♪

ただ、『やれやれ』言われると子供は『超やりたくなくなる』ので、将来の自分に言い聞かせます(笑)

今思えば、僕が恵まれてたのは、3つ上の兄貴と同じ部屋で毎日一緒だったことです。兄貴が卒業するまでの3年間は、学校も一緒なので、その3年の間に、横で勉強する習慣みたいなのが自然とつきました。(兄貴サンキュー♪)

『やらずに怒られる姿を見て学んだ』が正しいのか。(こっちが正解か…w)

メモ
今でも覚えてるのが、歴史の教科書を開いて、自分で年表を作って夜中まで勉強した記憶があります。勉強で、唯一ハマったことだと思います。その数日間は、親より後に寝てたはず。何か1つでも『ハマる』と、机に向かう免疫が生まれると思います♪

皆さんにこうしたほうがいい!とか言える立場じゃないので、自分はこうだったということをさらけ出して、何かの参考になればなと思います!以上です。読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です