【発見!?】小学生の教科書にある歌【みんなでたのしく】

音楽の教科書って覚えてますか?小学生の頃何を歌ったとか。急に気になったので、調べてみました。今でも覚えてる歌もいっぱいあって、楽しくなってきたので書きます♪

杉山修

どんな歌が教科書に載ってるの?

小学校の音楽の教科書には、『みんなでたのしく』という章があるみたいで、1年生~6年生それぞれ違うみたいです。

僕が小学生のころにも『歌った記憶のある&いい歌♪ 』を紹介したいと思います。

音楽の教科書2020

皆さんも授業で歌った歌がきっとあると思いますよ!!!

だいたいブログに出てくるURLって、僕も含めて押さない人がほとんど♪(笑)

なので代表して押して、まとめますね!(笑)

覚えてる歌
● こいのぼり
● ちゅうりっぷ
● ぞうさん
● 手のひらをたいように
● アイアイ
● ミッキーマウスマーチ
● 旅立ちの日に
(教育芸術社 2020)

他の章にも『心をつなぐ歌声』って章があって

『つばさをください』
『Believe』

などなど載ってます♪

名曲でだらけすよね。

メモ
『♪グッデイグッバイ』って歌う歌も好きだったな♪ 全校で歌う時間は結構好きだったかもしれません。歌ってもサボってもいいフリースタイルな感じもあるし、そういうのも含めて自由な音楽だったからかな〜。いい歌は忘れませんね♪

歌を覚えるカラクリとは…

作詞作曲のことをがっつり記事にする回も、今後やろうと思います♪

・メロディをどうやって作ったか

・歌詞の構成や作り方

1曲ごとに書くの面白そうですね♪

書きがいあるし、企画しますね!!!

話を戻しますが…

歌を覚えるのって『絶対』はないけど、『こうなんじゃないか』って言われてる『カラクリ』みたいなのがあります。

聞いたことと、実際に作ってみた経験からまとめると…

❶ 感情が動く歌
❷ ストーリーになってる歌詞
❸ 繰り返されるメロディ・言葉
❹ 韻の踏み方
❺ 言葉の難易度

こういったものがあります。

細かいことをあげたら無数にあって、音楽理論(楽曲の構成の鍵を握るコードや展開のこと)まで語り出すと無限にあると思います。僕は理論に関しては、さわりくらいしか分からないので語れないですが。。。

そういった条件の中で、当てはまりやすいのが『こども向けの歌』です。

シンプルだったり、わかりやすい言葉だったり、『大人になっても忘れない』歌に溢れてます。

特に『❸』については、よく見かけますよね。

僕の歌でも多いですしね♪

メモ
グリーングリーン!はまさしく♪

保育園に提供させてもらった、園歌のお話も今後していきます

楽しみにしててください。

読んでいただきありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です