【大賛成!】”ナルシスト”大作戦【学校では教えてくれない】

どうも!杉山修です。今回は変わったテーマで書いてみようと思いま〜す♪

杉山修

「ナルシスト」ってどっちかというとマイナスな言葉ですけど、自身の経験も踏まえて、くつがえしていきます(笑)

杉山修

仕事柄、

子どもとふれあう機会も多く

★ 保育園・幼稚園ではコンサート
★ 小学校・中学校では「夢」に関して講演会

そうしたなか、

子供達は「どんな悩み」を抱えているのか。

いろんな悩みを抱える中で

「大人になった時に必要なスキル」

「子供の頃の悩み」であることってなんやろう。

そう思って最初に浮かんだのが

いわゆる「ナルシスト」な子の肩身の狭さでした。

そして一方で学校にお邪魔すると

「最近の子は静かで真面目」な子が多いって

必ずと言っていいほど言われる。。。

「俺が!」って子がより浮くやろうし

なかなかそんな子も少ないんやろうな…

“ナルシスト”をおさらい

そもそも「ナルシスト」は医学的な言葉らしく

本当は「ナルシシズム」っていうらしい。

ナルシシズム
:医学用語としての病的なナルシシズムは、パーソナリティの機能の欠陥を指し、その人の自己認識や、他者との関わり方、他者に対する振る舞い方などによって起こります。

むずいむずいむずい・・・・wwwww

ざっと言うと

僕らがイメージする「ナルシスト」

・自分のことで頭がいっぱいな人
・SNSなどでイタい振る舞いをしてる人

こんな感じだと思います。

まあ誰だって

「俺を見てくれ~!」

「すごいだろ~!」

って気持ちはあるよねって話♪(時には強引にw)

そう、ということは大なり小なり、

人間みんな「ナルシスト」ってこと。

ってことはこの2つに分かれる

★ むっつりナルシスト(むN)
★ がっつりナルシスト(がN)

僕が小学生の時

「がっつりナルシスト」(Aくん)が

同じクラスにいました。

当時は

「変わった子やなぁ」
「目立ちだがりやなぁ」

と思ってましたが

大人になって冷静に考えてみると

めっちゃ大事なことやなぁ

思うようになりました。

そんなAくんをもとに

「がN」「むN」

見ていきましょ~う!

(Aくん!悪くは言わんで~ww)

“ナルシストレベル”を上げる?

「がN」のAくんの特徴はこんな感じ…

Aくん
・流されずに意見を言う
・自慢話がおおい
・遊びの輪にグイッと入ってくる
・空気が読めない
・結構カッコつける
(あくまでAくんの場合♪)

僕自身「むN」なわけで…

自分
・それなりに自慢話
・それなりに目立とうとしてた
・それなりにカッコつけてた
(周りからどう思われたたかはわからんがw)

大人になると

「自分はこういう人間です!」って

人に伝えるシーンがたくさんあります。

「まごまごしてるのが可愛い♪」って

言ってくれる人もいるかもですが

間違いなく「自分はこうです!」って

胸を張れる方がいい。

圧倒的にいい。

その上で、ミスした方が可愛いw

なので

「ナルシストレベル」

どんどん上げていくべき。

「ナルシスト」も含めて

自分を出しすぎると

色々言われやすい世の中やけど

人に言われてから悩み、考えるくらいで

まじでちょうどいい。

そんなことを

学校でも言いたいなぁと。

チャンスがあれば♪

まとめ

話を難しくしてしまった気がする…(笑)

まとめ
★「ナルシスト」な人は大きなヒントをくれる!
★ 自分に自信をつけて「ナルシストレベル」UP!
★ 何でも「右にならえ」は必要ない

学校では「みんなと一緒」

求められることが多く

そういった雰囲気が漂ってる。。。

僕は当時はマジメくんだったので

「めっちゃ右にならえ」でしたけど

社会に出て、それは

全く必要ないと知りました。

今の子供たちには

先生に「先生と違って僕はこう思う!」って

大きな声で言える、そんな子が

増えたらなと思っています。

自信を持って

思うように進んで欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です