【新境地!?】コンサート×体験型×こども【目指せキッザニア!】

ちびシュウ

修さん!今回は新しい「切り口」だね♪
「切り口」
って言葉を使ってることに驚きだよ(笑)

杉山修

ちびシュウ

そんなことより、早くブログ書いて!口より手を動かせって僕に言うじゃん。それ♪
そうだな(笑) その通りや!早速書いてくよ〜!!

杉山修

コンサートの形

杉山修

コンサートってきくと

歌を聴くことが浮かびますよね。

僕もそうです!

そんなコンサートも近年は

少しずつ変化しています。

例えば...
ステージの上でお客さんと一緒に歌う
ステージの上でお客さんと演奏する
ステージの上でお客さんと話す ……

ステージに登ることも含めて

「コンサートに参加する」と言う「体験」

やはり楽しいものですよね♪

そこで

どんな「体験」が考えられて

どんな「ワクワク」があるのか。

コロナの影響で制限がされる中でも

可能な体験はあるはず。

見てみましょう!

“体験”を考える

タイトルは

「コンサート×体験」ですが

コンサート」を細かく見ると

ヒントが見えてきそう。

コンサート×体験

コンサートを細分化
★ コンサートの企画に参加
★ 入り口で資料の配布
★ ステージの袖で観覧
★ ステージ上で一緒に振り付け
★ ステージ上でパネル見せ担当
★ ステージ上でエアギター担当
★ 1日スタッフとしてスタッフと行動
★ 開演前にステージ袖でお兄さんとお話
★ 開演前にステージ袖から会場を見られる……

濃厚接触を避けることも

同時に考えつつ

できそうなことは

結構ありますね♪

感覚として...
★ 特別なことができる感覚
★ 秘密基地にいる感覚

こういった「ワクワク」があれば

「歌を聴きに行く!」に加わる

付加価値も増えていきます。

会場×体験

しゅうと「しゅう」君

今後は間違いなく

大きな会場でのコンサートが減って

小規模なコンサートが増えるので

そこで重要なことが1つ。

会場自体が楽しい!

というのも大きな会場は

広さ・照明・音・人の多さ

色々とスケールが大きいので

会場そのものが非現実的

ただ、ごっそりそのスケールが

無くなった場合

会場自体が楽しい♪

この楽しさがないと

少し物足りない感じになっちゃいます。

実際は簡単じゃないですけど

取り入れられることは

どんどん取り入れていきます♪

最後に…

会場が楽しい場所って

どうしても普段から

不特定多数の人が出入りする場所が多いです。

「限定組数」が運営側やお客さんに

負担にならないようにもせねばならぬ…

頭使う〜〜〜♪

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です