【第3弾】繊細でもいいじゃん!【五感がヒントなんです♪】

どうも!ブログをのぞきに来てくださり、ありがとうございます!「繊細な人」シリーズがまだ続いております。今回で第3弾ということで、少しでもヒントになれば嬉しいです。それでは、早速いってみよ〜う♪

杉山修

繊細な人に多い1つの特徴

[

「繊細な人」の特徴の1つに…

自分が喜ぶことを自分にしない

繊細じゃない人でも見られる特徴ですが、繊細な人ほど、ブレーキが強いです。

どうしてかというと、「罪悪感」が芽生えるので、大きなブレーキになりやすい…
図で表現するとこんな感じです。

罪悪感の中にあること

★ マイナスなことを0に戻すことには、「罪悪感」が芽生えにくい
* そのままでは辛いこと
* 放置していられないこと
★ ゼロかプラスなことをもっとよくすることは、「罪悪感」が芽生えやすい
* 本来なくても大丈夫なこと
* 我慢しようと思えばできること

「罪悪感」にはこういった特徴があります。

したがって、「罪悪感」がポイントになってきます。

メモ
僕も全くと言っていいほど、「癒し」「ご褒美」などは無縁でしたが、「読書」を取り入れてから、日々が少しラクになりました。どうして「読書」なのかは、記事の続きに答えが!!

五感からヒントをGET

「繊細な人」は、周りの刺激を多く感じやすいです。

「周りの刺激」の中身ってなに?

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚で感じてること全般のことで、どの五感からの情報が多いかは人それぞれ。

そのリーダー的な五感が、働きすぎて疲れやすいんです。

なので、逆を言えば…

疲れやすい五感を喜ばせることが大切になってきます。

我慢我慢で、「自分が喜ぶことから離れてる人」は、これを機に踏み出してみてください♪

メモ
ちなみに僕は、「視覚」「聴覚」からの”情報”にかなり敏感なので、静かな空間での読書はとても合ってると思っています。スキマ時間にイヤホンをして読書は、最近よくしています。

自分の特徴を見つけて、「週1回」「月1回」でも時間やお金を使うのもOKですね♪

五感の疲れも「マイナス」と同じだと思います♪

例えば...
視覚:景色を見る・好きな動画をみる etc…
聴覚:好きな音楽、プチプチを潰す音を聞く etc…
嗅覚:お茶の香り、お部屋の香り etc…
味覚:好きな食べ物、デザート etc…
触覚:プチプチ、スライム、ぬいぐるみ etc…
メモ
五感まで意識して自分にお金を使えば、罪悪感もグッと低くなると思います。「音」に関しては、youtubeで補えると思いますよ!

まとめ

今回は、繊細な人の「五感」をテーマに書きました。

五感の疲れを意識して、

「自分が喜ぶことを自分にしない」
から、ちょこっとでも飛び出してみてください!!

贅沢したり、浪費をしたりではなく、あくまで「マイナス〜ゼロ」の仲間に「五感の疲れ」も入れてあげてくださいね〜!

参考になれば嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です